今月のおたより

2018年12月

今月の花

山茶花 さざんか

花言葉

困難に打ち克つ

ツバキ科の常緑広葉樹、山茶花。

♪山茶花 山茶花 咲いた道
  たき火だ たき火だ 落ち葉たき♪

童謡「たきび」に登場する花で、もともと本来の読みは「さんざか」。
それがいつのまにか訛って「さざんか」となり定着したと言われます。

晩秋から初冬にかけて咲きだし、花の少ないこの時期、まわりをパッと明るくする色合いで私たちの目を楽しませてくれます。
その山茶花、ツバキと見分けがつかないほどよく似ていますね。
違いをひろってみると、
香りのないツバキに比べ、山茶花はジャスミンのようなほのかないい匂いがします。
花びらの散り方も、山茶花はひらひらと一枚一枚散りますが、ツバキは花首からぽとんと落ちます。
また、開花の時期も山茶花は「冬」、ツバキは「春」になります。

冬の寒さに負けず、ひたむきに健気に咲き、周りを明るくしてくれる山茶花。
その姿に心を打たれます。
「寒いのによう頑張るな おぬし」と声かけしたくなります。
花言葉は「困難に打ち克つ」。
何かに一生懸命頑張っている人を応援してくれるような花言葉です。

   山茶花のこぼれる道へ遠まわり  斎藤静枝

ご挨拶

暑い暑い夏、短い秋を過ごし、もう12月。
1日1日は普通に過ぎるように思えたのに、気がつけばもう年の瀬。
あらためて1日1日を大切にと思わされます。
今年もいろいろなことがありました。
みなさまはいかがでしたでしょうか。

中納言では今年1年の感謝をこめて締めくくりの月、年の瀬にふさわしい料理を用意いたしました。
特に、「ジャンボ伊勢海老鍋」はこの時期ならではのお料理。
わいわいお鍋を囲んで伊勢海老三昧。伊勢海老堪能。
ジャンボ海老を味わい尽くす。きっとご満足いただけることと存じます。
ご家族で、ご接待に、大切なお仲間との忘年会にみなさまのご来店を心よりお待ちいたしております。

今月のおすすめ

喝采コース

「伊勢海老の活造り」と「伊勢海老のサラダ、中納言風」、さらに「国産牛フィレ肉の石板焼」も 盛り込んだデラックス仕立ての一番人気コースです。 中納言名物の「伊勢海老の中納言焼」または「鮑の蒸し焼き」をお選びいただけます。

  • 食前酒
  • 季節の前菜
  • 伊勢海老のサラダ、中納言風
  • 伊勢海老の活造り
  • 伊勢海老の一口スープ
  • 国産牛フィレ肉の石板焼
  • 伊勢海老のお吸い物
  • お口直しの氷菓
  • 伊勢海老の中納言焼 ※鮑の蒸し焼もご用意できます。
  • 伊勢海老の海苔茶漬け、香の物
  • デザート
  • 食後の香り(コーヒー)

※写真の伊勢海老の活造り、伊勢海老のサラダは2名様盛りです。
※ディナーコースは2名様よりご注文承ります。 季節により、コース料理の内容が一部変わる場合がございます。

¥15,500(税込¥16,740)

税込価格にサービス料10%を別途頂戴致します。

この他にも、伊勢海老の中納言ならではのさまざまな伊勢海老の調理法をお楽しみいただけるディナーコースを取り揃えております。