今月のおたより

2017年3月

今月の花

菜の花

花言葉

元気 活発 小さな幸せ

菜の花と言えば、唱歌「朧月夜」。

  菜の花畠に 入日薄れ 見わたす山の端 霞ふかし  
   春風そよふく 空を見れば 夕月かかりて にほひ淡し

一面、黄色に群生している菜の花畑は どこか日本の原風景と重なり、落ち着いた懐かしい気持ちと、一気に春が来たという思いにさせてくれます。

黄色い4枚の花びらは十字架の形をして、小さな幸せがいっぱい集まっているようです。その色はどこまでも優しく穏やか。見ていると、癒され新しい元気をもらえそうです。
ひな祭りに桃の花と一緒に飾ることが多いですね。

別名「花菜」「菜花」「菜種」。
菜の花とは野菜の花という意味。菜と付くということは食すことが出来るということであり、いろいろな種類の名の花があるということです。
花の色も黄色だけではありません。白い菜の花の代表は大根。その種類によっては紫などもあるそうです。
綺麗なだけではなく、食の恵みももたらしてくれる菜の花です。

菜の花をこよなく愛した俳人、与謝蕪村は多くの菜の花の句を残しています。

   菜の花や月は東に日は西に

ご挨拶

春の扉がひらきました。
暖かい陽ざし、穏やかに流れる雲、芽吹く木々、地中から這い出る準備をする虫たち。
縮こまっていた体も伸び伸び。
どこかに出かけたくなる季節到来です。

「暖かくなったら会いましょうね」
そんな約束を冬中いっぱいしたような気がします。
みな様はいかがでしょうか。

そうだ!!中納言に行こう!!
いろいろなお集まりにぴったりの料理を沢山ご用意しました。ご来店を心からお待ち申し上げます。

今月のおすすめ

喝采コース

「伊勢海老の活造り」と「伊勢海老のサラダ、中納言風」、さらに「国産牛フィレ肉の石板焼」も 盛り込んだデラックス仕立ての一番人気コースです。 中納言名物の「伊勢海老の中納言焼」または「鮑の蒸し焼き」をお選びいただけます。

  • 食前酒
  • 季節の前菜
  • 伊勢海老のサラダ、中納言風
  • 伊勢海老の活造り
  • 伊勢海老の一口スープ
  • 国産牛フィレ肉の石板焼
  • 伊勢海老のお吸い物
  • お口直しの氷菓
  • 伊勢海老の中納言焼 ※鮑の蒸し焼もご用意できます。
  • 伊勢海老の海苔茶漬け、香の物
  • デザート
  • 食後の香り(コーヒー)

※写真の伊勢海老の活造り、伊勢海老のサラダは2名様盛りです。
※ディナーコースは2名様よりご注文承ります。 季節により、コース料理の内容が一部変わる場合がございます。

¥15,500(税込¥16,740)

税込価格にサービス料10%を別途頂戴致します。

この他にも、伊勢海老の中納言ならではのさまざまな伊勢海老の調理法をお楽しみいただけるディナーコースを取り揃えております。