今月のおたより

2020年9月

今月の花

クズ 「葛」

花言葉

芯の強さ 活力

日本原産、マメ科、多年草のクズは和名「ウラミグサ(裏見草)」。漢字では「葛」。
萩・すすき・桔梗・撫子・女郎花・葛・藤袴。
山上憶良が選定した秋の七草の一つに数えられています。

秋、紫色の藤の花を上向きにしたような10センチほどある蝶形の花を房状に密集してつけ、ふんわり甘い芳香を漂わせながら下から上へと順に花を咲かせます。
葉っぱは風にそよぐと裏面の白さが際立ちます。
裏見草と言われる所以です。
      葛の風吹き返したる裏葉かな 虚子
クズはつる性で、絡み付く相手を求めながらそのつるを縦横に伸ばし広範囲に根を下ろし繁殖する逞しい花です。
そのうち根元は木質化し、地下では肥大した長芋のような塊根となりその大きさは長さ1.5m、径は20㎝ほどにもなります。
その逞しさゆえに、迷惑がられている面もあるクズ。
1876年フィラデルフィア万博に日本から持ち込まれたクズはその地で一気に繁殖、現地では「侵略的外来種」に指定され駆除の対象となっています。
日本ではブラックバス・ブルーギルなどの嫌われ者というところでしょうか。

しかし一方、クズは花も葉も根も食用・薬用に用いられるすぐれもの。
花は江戸時代の文献では菊の花と共にその調理法が記されているほど。
てんぷらにしても美味しいようです。
又、クズの花は元祖エディブルフラワー。
イソフラボンを豊富に含み、抗酸化作用があり、体脂肪を減らし肝臓を保護する働きがあるそうです。
葉は山歩きで怪我をしたときの止血に。
根に含まれるデンプンを精製してできるのがくず粉・くずきり・くず餅。
また、
風邪の引き初めに飲むと効果があると言われる生薬「葛根湯」はクズの根が原料です。
花言葉の「芯の強さ」「活力」もそこから来ているのですね。

ご挨拶

いつのまにやらもう9月。
蝉の鳴き声が虫たちの鳴き声に変わりました。
朝夕の風もどことなく秋の気配が漂い始めました。
相変わらず制約多い日が続いていますが
皆さまいかがお過ごしでしょうか。
中納言は社員一同心ひとつに頑張っております。
健康に留意し、安心安全、抗菌除菌、ソーシャルディスタンス。
何より美味求真とおもてなしの心で皆様のご来店をお待ちいたしております。

今月のおすすめ

喝采コース

「伊勢海老の活造り」と「伊勢海老のサラダ、中納言風」、さらに「国産牛フィレ肉の石板焼」も 盛り込んだデラックス仕立ての一番人気コースです。 中納言名物の「伊勢海老の中納言焼」または「鮑の蒸し焼き」をお選びいただけます。

  • 食前酒
  • 季節の前菜
  • 伊勢海老のサラダ、中納言風
  • 伊勢海老の活造り
  • 伊勢海老の一口スープ
  • 国産牛フィレ肉の石板焼
  • 伊勢海老のお吸い物
  • お口直しの氷菓
  • 伊勢海老の中納言焼 ※鮑の蒸し焼もご用意できます。
  • 伊勢海老の海苔茶漬け、香の物
  • デザート
  • 食後の香り(コーヒー)

※写真の伊勢海老の活造り、伊勢海老のサラダは2名様盛りです。
※ディナーコースは2名様よりご注文承ります。 季節により、コース料理の内容が一部変わる場合がございます。

¥15,500(税込¥17,050)

税込価格にサービス料10%を別途頂戴致します。

この他にも、伊勢海老の中納言ならではのさまざまな伊勢海老の調理法をお楽しみいただけるディナーコースを取り揃えております。