今月のおたより

2017年11月

今月の花

花言葉

高貴・高尚・高潔

日本人に馴染みの深い菊は日本の秋の風物詩、どこか懐かしい想いを抱かせます。
菊展で見られる観賞用の立派な大菊から中菊、小菊、スプレーマム、ポットマム、そして秋の道辺にひっそりと咲く野菊まで実に様々な種類があり、その数は350種以上とも言われます。

日本で観賞用多年草植物として発展したものを和菊、
西ヨーロッパで生まれた品種群は洋菊と呼ばれています。

春のサクラに対して秋を象徴する菊は日本の国花。
平安時代に中国から渡来、鎌倉時代の初め、菊の意匠をことのほか好んだ後鳥羽上皇が身の回りに「菊紋」を好んで用い、のちに皇室の家紋となりました。
花言葉「高貴・高尚」の所以です。
宮中では菊の節句とも呼ばれる重陽の節句が明治時代まで行われ、現在でも皇室園遊会(寒菊御宴)として行われています。

「菊」という漢字は、散らばった米を一か所に集めるという意味があり、菊の花弁を米に見立てたもので、「究極、最後」を意味し、一年の一番終わりに咲くことから名づけられました。

花の盛りは11月頃ですが、冬になっても咲き続ける品種もあり、これら野性味の濃い小菊は冬になっても咲き続け冬菊とも寒菊とも呼ばれるものがあります。

 冬菊のまとふはおのがひかりのみ   水原秋櫻子

ご挨拶

2か月ずつの6枚綴りのカレンダーが後1枚になりました。
景色も秋色に染まり、暖かい陽だまりが恋しくなる11月。
柿・みかんが美味しい季節です。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
深まりゆく秋は、美味しい食事を囲んでほっこりのひとときが一番です。
身も心も温まります。
ご家族と、お仲間と。又、ご接待で。
秋を逸品をご用意いたしました。
お揃いでのご来店を心からお待ちいたしております。

今月のおすすめ

喝采コース

「伊勢海老の活造り」と「伊勢海老のサラダ、中納言風」、さらに「国産牛フィレ肉の石板焼」も 盛り込んだデラックス仕立ての一番人気コースです。 中納言名物の「伊勢海老の中納言焼」または「鮑の蒸し焼き」をお選びいただけます。

  • 食前酒
  • 季節の前菜
  • 伊勢海老のサラダ、中納言風
  • 伊勢海老の活造り
  • 伊勢海老の一口スープ
  • 国産牛フィレ肉の石板焼
  • 伊勢海老のお吸い物
  • お口直しの氷菓
  • 伊勢海老の中納言焼 ※鮑の蒸し焼もご用意できます。
  • 伊勢海老の海苔茶漬け、香の物
  • デザート
  • 食後の香り(コーヒー)

※写真の伊勢海老の活造り、伊勢海老のサラダは2名様盛りです。
※ディナーコースは2名様よりご注文承ります。 季節により、コース料理の内容が一部変わる場合がございます。

¥15,500(税込¥16,740)

税込価格にサービス料10%を別途頂戴致します。

この他にも、伊勢海老の中納言ならではのさまざまな伊勢海老の調理法をお楽しみいただけるディナーコースを取り揃えております。