今月のおたより

2018年8月

今月の花

アサガオ

花言葉

明日もさわやかに

朝顔につるべとられてもらい水 加賀千代女

古くから夏の朝を涼やかに演出してくれる朝顔はヒルガオ科サツマイモ属の一年草。
日本原産の花のように見えますが、奈良時代、遣唐使によって中国から伝わりました。
江戸時代には品種改良も進み一大ブームを巻き起こしたと言われています。

花の形は円錐形でラッパの先端のように開き、花咲いたあとは内側に籠るように閉じていきます。
朝に花を咲かせ、昼には萎んでしまう様子を「朝の美人の顔」にたとえ「朝の容花(あさのかおばな)」の意味とも言われます。
英名はmorning glory。
花色は、青・白・紅・藍・縞・絞りなど種類もいろいろです。

観察日記の定番、夏休みを迎えた小学生が大事そうに朝顔の鉢植えを持ち帰る姿、今も変わらないのでしょうか。
いつ咲くのだろう?
その開花の瞬間に立ち会いたくて何度も試みて、ついに叶わなかったこと。
朝顔は朝ではなく夜が明ける前に開花しているのですね。

その最高の姿を観賞できるのも半日だけ。
太陽の日差しが強くなる昼ごろには萎んでしまいます。
花言葉「明日もさわやかに」と声かけてくれています。

ご挨拶

   言うまいと思えど今日の暑さかな 作者不詳

暑中お見舞い申し上げます。

例年にない暑さが日本列島を覆っています。
エアコン嫌いなどとは言っていられない酷暑・熱暑・極暑です。
もう熱中症は他人事ではなくなってきました。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
この暑さを乗り切るための秘訣は、十分な睡眠と休養、水分補給・バランスのとれた食事。
そして、やっぱり美味しい料理ですね。
中納言では、ピチピチの伊勢海老のお造り、マヨネーズサラダ、中納言焼など定番料理に加えて、この夏ならではの料理を用意いたしました。
低カロリー・高たんぱく、大満足の美味しい伊勢海老料理を食べてこの夏を乗り越えましょう!
皆様のご来店を心からお待ちいたしております。

今月のおすすめ

喝采コース

「伊勢海老の活造り」と「伊勢海老のサラダ、中納言風」、さらに「国産牛フィレ肉の石板焼」も 盛り込んだデラックス仕立ての一番人気コースです。 中納言名物の「伊勢海老の中納言焼」または「鮑の蒸し焼き」をお選びいただけます。

  • 食前酒
  • 季節の前菜
  • 伊勢海老のサラダ、中納言風
  • 伊勢海老の活造り
  • 伊勢海老の一口スープ
  • 国産牛フィレ肉の石板焼
  • 伊勢海老のお吸い物
  • お口直しの氷菓
  • 伊勢海老の中納言焼 ※鮑の蒸し焼もご用意できます。
  • 伊勢海老の海苔茶漬け、香の物
  • デザート
  • 食後の香り(コーヒー)

※写真の伊勢海老の活造り、伊勢海老のサラダは2名様盛りです。
※ディナーコースは2名様よりご注文承ります。 季節により、コース料理の内容が一部変わる場合がございます。

¥15,500(税込¥16,740)

税込価格にサービス料10%を別途頂戴致します。

この他にも、伊勢海老の中納言ならではのさまざまな伊勢海老の調理法をお楽しみいただけるディナーコースを取り揃えております。