今月のおたより

2022年9月

今月の花

マツムシソウ

花言葉

魅力 風情

マツムシソウはマツムシソウ科マツムシソウ属の越年草・多年草。
ここでは、北海道、本州、四国、九州に分布する日本固有種のマツムシソウ。

夏の終わりから秋にかけて青や白の花を咲かせるマツムシソウを野原や高原で見たことのある方は多いのではないでしょうか。
秋めいて、昆虫の松虫が鳴く頃に花を咲かせることからこの名がついたと言われるマツムシソウ。
草丈は60センチから90センチ位で葉は対生。
花は頭状花序で、花の大きさは4~5センチほど。
そのユニークな花形とソフトな色合いがとても爽やかな印象を与えます。
秋の草原で群生して咲く様はそれは見事です。
その爽やかで優しい紫色の美しい花は古くから文人に愛され、俳句にも多く詠まれ、秋の季語になっています。

ヨーロッパ原産、属名スカビオサとマツムシソウは同じです。
どちらも半常緑で耐寒性に優れ開花期が長いことも園芸種として重宝されています。

スカビオサ、学名「scabiosa」はラテン語で「疥癬」。
これは皮膚病の名前でスカビオサがその治療に用いられたと言うことです。

    富士淡し松虫草の花の上   阿波野青畝

ご挨拶

残暑いまだ厳しいところありますが、空の高さも雲も吹く風も秋のもの。
収穫の秋、行楽の秋、スポーツの秋、読書の秋。
暑さから解放される秋は愉しいことがいっぱいです。
どこかに出かけたいな。
そんな気分になりますね。
どうぞ
中納言にお出かけくださいませ。
新鮮なピチピチの伊勢海老料理をご用意してご来店をお待ちいたしております。

今月のおすすめ

喝采コース

「伊勢海老の活造り」と「伊勢海老のサラダ、中納言風」、さらに「国産牛フィレ肉の石板焼」も 盛り込んだデラックス仕立ての一番人気コースです。 中納言名物の「伊勢海老の中納言焼」または「鮑の蒸し焼き」をお選びいただけます。

  • 食前酒
  • 季節の前菜
  • 伊勢海老のサラダ、中納言風
  • 伊勢海老の活造り
  • 伊勢海老の一口スープ
  • 国産牛フィレ肉の石板焼
  • 伊勢海老のお吸い物
  • お口直しの氷菓
  • 伊勢海老の中納言焼 ※鮑の蒸し焼もご用意できます。
  • 伊勢海老の海苔茶漬け、香の物
  • デザート
  • 食後の香り(コーヒー)

※写真の伊勢海老の活造り、伊勢海老のサラダは2名様盛りです。
※ディナーコースは2名様よりご注文承ります。 季節により、コース料理の内容が一部変わる場合がございます。

¥17,800(税込¥19,580)

税込価格にサービス料10%を別途頂戴致します。

この他にも、伊勢海老の中納言ならではのさまざまな伊勢海老の調理法をお楽しみいただけるディナーコースを取り揃えております。